2017年9月23日

みつけた

みつけた。

やりたいことをみつけた。

思い返してみると、生きる目標というものを、これまでの人生で持ったことがなかったように思う。しかし、物理的な面でもスピリチュアル的な面でも、ここまでの道を進んできたからこそ、ここに至ったのは、揺るがし難い真実。見つけてしまえば、あとは進むだけだ。

学生を卒業して、社会に出て以来ずっと続けてきた今の仕事には、なかなか誇りを持ちきれなかった。誇れないまま、誇れない理由を作っては、なんとかそのハコに収まってやってきたけれど、ここまで磨かれてつながりの強くなった真我は、もはやそのハコには収まらないということをつぶさに知らしめる。じわじわと、しかし確実に、遅すぎず、変わっていく。変わっていくことと、生きていくために必要なことのハザマで揺らいでいた。

しかし今、しっかりと変わっていくための道を踏みしめている。新たな道を歩む自分にとって、これまでの道は、変化のための足がかりだ。そもそものところで、無理に誇りを持つものようなことではなかったのだ。それに気づいたら、なんとも軽くなった。もう大丈夫。これで憂いなく進める。

ここに書き込んでいくことはきっと大きく変わっていくだろう。書き込む回数はぐっと減るかもしれないし、増えるかもしれない。
僕はどんなふうに変化していくだろうか。

I found what I wanted to do.

In retrospect, I think that I have never had a goal to live in my life. However, it is the solid truth that led to this answer, as it has been on this path, both physically and spiritually. Find it, only move forward.

I could not hold pride in my current job. Making the reason for not proud, I managed to fit in society somehow, but I am totally told that the stronger connection has no longer fit in that society. Obviously, but definitely, not too late, it will change. I was shaking among things to change and what is necessary for living.

But now I am stepping on the path to change thoroughly. For me who is going on a new path, the way I have been to date is a clue for change. In the first place, it was not like being forced to take pride. When noticing it, it got lighter. It’s all right now. Advance without worrying.

Writing here will definitely change a lot. The number of writes may be much less and may increase.
How will I change?

2017年8月3日

白湯

白湯を淹れる

杯に白湯を注ぐ。
技術をつかいながら、イメージを持ちながら、考えることなく、期待することなく、空間の気配を感じる。

意識して呼吸をする。
技術を使いながら、イメージを持ちながら、考えることなく、期待することなく、呼吸の音を聞く。

感じながらも、考えない。
今の状態を知る。しかし、考えない。ただその瞬間を受け入れるだけ。

無心とは。無我とは。中庸とは。
どんな状態をそういうのか。
答えはどうやら知っている。知っているけど、まだ実感を伴う理解がないのだろう。
まだまだいろいろ考えている。考えている自分を否定しようとする。

無心とは。無我とは。中庸とは。
呼吸と白湯、そしてそれぞれの師が、いつもきっかけを見せてくれる。
それらを微細に捉えたら、あとは自分次第。

Pour hot water into the cup.
While using the technique, while holding the image, without thinking, feel the sign of space without expectation.

Breathe consciously.
While using technology, while holding an image, without thinking, listen to the sound of breathing without expectation.

I feel, but I do not think.
Know the current state. But I do not think. Just accept that moment.

What is inattention? What is innocence? What is moderation?
What kind of condition is that kind of?
Apparently I know the answer. I know, but I do not yet understand it with real feeling.
I am still thinking a lot. I deny myself what I think…

What is inattention? What is innocence? What is moderation?
Breathing and white water, and each teacher always show me the chance.
Capture them finely. The rest is up to you.

2017年6月22日

ともにある

May the God be with you...

「ずいぶんと待たせちまったな。」
泥水の中でひとり、ケガを負って動けなくなった自分の前に颯爽と現れた彼は、そう言った。

「さあ乗れよ。」
広い肩に僕を背負い、シートにあらっぽく、でも優しく、放り出す。

「お前、ひとりでよくここまで踏ん張ったな。」
自分もシートに体をおさめて、手早く、でもどことなく優雅に、発車の準備をしていく。

「もうひとりでたたかわなくてもいいんだぜ。」
アクセルをひと踏みして、泥水を跳ね上げながら、悪路を車が走り出す。

その言葉を聞いて、涙が溢れた。
特に死を恐れたわけでもなく、援軍が欲しかったわけでもない。
ひとりで生きて、ひとりで死ぬ。それで人生は上々だと思っていた。
だけど、泥の中で動けなくなった自分を実感した瞬間、今まで感じたことのなかった「孤独」という感覚を知った。
ああそうか、自分はここで、ひとりで死ぬんだな…そんなふうに思った時、彼が現れた。

「お前は俺の部隊の中でもいっとう腕のいい砲手なんだ。ひとりで死なせなどせんぞ。
ここからは俺と二人一組だ。
いいか、俺は運転ならちょっとしたもんなんだ。知ってるだろ?
どんな悪路だって走り抜けてやる。どこへだって連れてってやる。
行く先々で、俺が言ったものに狙いを定めるんだ。
定めさえすれば、かならず当たる。
大丈夫だ、俺を信じろ。」

俺を信じろ。
絶対的な存在と絶対的に「ともにある」という絶対的な信頼。安心。
安心というより、幸福。

今日、僕は絶対的な幸福を実感した。
“本当は全部デフォルトで幸せ”っていう思いは、これでいよいよ本当になってきたように思う。

僕はいつでも隊長とともにある。
「ともにある」ということを信じ、信じ続ける。

“There is no need to fight alone.”
He said to me who was injured in the mud and became immovable.

Come on, get on. You often did your best here.
When I heard the words, tears overflowed.

I was not afraid of death especially, I did not want any reinforcements. Live alive and die by myself. I thought that was life.
However, I felt “loneliness” the moment when I realized myself who became immovable in the mud.
Oh, I’m going to die alone… When I thought of that, he appeared.

“Pair of you and me.
Well, I am good at driving. You know it, do not you?
I run through any rough road. I will take you anywhere.
You are a good gunner. On the way to go, I will set aim for what I said. As long as it is decided, it always hits.
It’s all right. Believe me. Believe it.”

Believe me.
I have never heard this kind of gentle and powerful words.
And I think I never felt a sense of relief so enveloped so much.

I feel relieved that “I am with absolute existence”.
Happiness rather than relief.

I realized absolute happiness today.
I think that the thought of “All in fact, happy by default” comes true at last.
I believe that “I am with you”, I will continue to believe.

2017年5月16日

春から夏へ

春から夏へ

春から夏は、このからだがもっとも苦手とする季節。この時期こそ養生を心がける決意。
心身ともに静かに、しかし、活動と学びも忘れぬように。
すくすくと育つ緑と、奇妙なクリエイティブに刺激をもらう。

Spring to summer is the hardest season.
It is now the determination to care for curing.
Mind and body quietly, But do not forget your activities and learning.
Get inspiration from plants and strange creatives.

2017年4月19日

default happy

happy

多分、すべてのことはデフォルトが幸せで満ち溢れている。
憎しみや恐怖を取り払ったら、フラットに感じられる幸せな宇宙だけがあった。

Perhaps, it is full of happiness all.
Removing hatred and fear, there was only a happy universe.

1 2 3 4 5 16
このページの先頭